東京大学大学院 システム創成学専攻 柴沼研究室
home themes acheivements
members thesis events_&_photos
lectures links access_&_contact

博士論文
修士論文
卒業論文


doctor
No. 著者 題目 学位取得年月
8 細江 貴大 実験および数値解析による陸上・海底パイプライン高速延性亀裂停止性能評価 Mar. 2018.
7 逸見 拓弘 劈開亀裂伝播におけるエネルギー吸収機構解明のための実験および数値解析 Mar. 2018.
6 上田 航也 亀裂進展の微視的機構に基づく鋼の疲労寿命予測モデル開発 Mar. 2018.
5 桐山 和也 多結晶体の劈開亀裂伝播現象を再現する3次元拡張有限要素法の開発 Sep. 2017.
4 根本 義規 鉄鋼材料の微視組織情報に基づく脆性破壊および疲労損傷に対する性能予測モデルの開発 Mar. 2017.
3 梶岡 尚輝 自動車軽量化に向けた次世代高強度薄鋼板の溶接部疲労強度に関する研究 Mar. 2017.
2 柳本 史教 鋼材の脆性亀裂伝播における局所限界応力の評価とそれに基づく脆性亀裂伝播停止挙動再現モデルの開発 Mar. 2016.
1 前川 聡朗 3次元平板破壊力学を対象とした拡張有限要素法の実装および実橋梁の疲労亀裂進展解析 Mar. 2016.

doctor
No. 著者 題目 学位取得年月
8 鈴木 悠太 高精度3次元拡張有限要素法の開発とその多結晶体劈開亀裂伝播現象への適用 Mar. 2018.
7 岸 康太 高速亀裂伝播挙動解析のための重合メッシュ有限要素解析モデルの開発 Mar. 2018.
6 白井 結哉 脆性亀裂伝播を対象とした高精度有限要素解析モデルの開発 Mar. 2017.
5 逸見 拓弘 鋼の結晶粒径と亀裂停止特性との関係解明のための実験と数値解析 Mar. 2016.
4 西岡 陽 局所破壊応力理論に基づく高速亀裂伝播の有限要素解析モデル Mar. 2016.
3 上田 航也 鋼の微視組織因子を考慮した疲労寿命予測モデルの開発 Mar. 2016.
2 山本 悠貴 鋼の結晶組織と亀裂停止特性の関係解明のためのマルチスケール亀裂伝播モデルの開発 Mar. 2015.
1 根本 義規 構造用鋼の破壊現象究明のための実験とそれに基づく破壊靱性予測モデルの開発 Mar. 2015.
© Structural Integrity SHIBANUMA Laboratory since 2013