東京大学大学院 システム創成学専攻 構造力学研究室
top members thesis events
東京大学大学院 システム創成学専攻 構造力学研究室


博士論文
修士論文
卒業論文


doctor
No. 著者 題目 学位取得年月
6 Weiqin Liu Nonlinear Dynamic Response and Structural Evaluation of Containership in Large Freak Waves
Mar. 2014.
5 V.A. de Souza Study on the dynamic response of container stacks using non-Linear finite element analysis
(非線形有限要素法によるコンテナスタックの動的挙動の研究)
Mar. 2011.
4 金湖 富士夫 船舶安全対策のリスク評価手法に関する研究 Mar. 2011.
3 L. Kirkayak Numerical and experimental analysis of container stack dynamics
(コンテナスタックの動的挙動の数値的および実験的解析)
Mar. 2010.
2 石 江水 Motion, structural responses and longitudinal strength assessment of large container ships in freak waves
(Freak波に対する大型コンテナ船の運動、構造応答および縦強度評価)
Mar. 2008.
1 張 愛年 A study on ship collision and grounding using nonlinear finite element method
(非線形有限要素解析による船舶の衝突と座礁に関する研究)
Mar. 2007.


master
No. 著者 題目 学位取得年月
24 大谷 真史 最適なゴルフクラブ提案システムの研究 Mar. 2015.
23 佐々木 駿 上流設計における1DCAEモデル間の連携の研究 Mar. 2015.
22 趙 臻麟 水槽試験による青波荷重計測に基づく船体構造設計 Sep. 2014.
21 久保田 英司 腐食シミュレーションを用いた船体構造のライフサイクル最適設計 Mar. 2014.
20 小河原 充史 推進性能・構造・制御を考慮したトリマラン型ソーラーボートの複合領域最適設計 Mar. 2013.
19 岡安 優 Model Order Reduction FEMを用いた弾性体のリアルタイムCGアニメーションに関する研究 Mar. 2013.
18 市川 達也 非線形動解析による安全なコンテナ積載手法の研究 Mar. 2012.
17 壽福 宏恭 ライフサイクルコストを考慮した船体構造最適設計 Mar. 2012.
16 和田 雅之 Model Order Reductionを用いたリアルタイム大変形シミュレーション Mar. 2012.
15 宿利 雄太 最適制御によるゴルフスイングメカニズムの解明 Mar. 2012.
14 板垣 祐太 スイングのばらつきを考慮したゴルフクラブの最適設計 Mar. 2011.
13 後関 龍彦 有限被覆法を用いた船舶の砕氷解析 Mar. 2011.
12 二岡 佑介 コンテナスタックの非線形動的シミュレーション Mar. 2010.
11 出雲 太郎 船舶にかかる氷荷重の評価法の基礎的研究 Mar. 2010.
10 王 春暁 パターン認識によるゴルフスウィングの識別と最適設計 Mar. 2010.
9 礒部 信 身体負荷を考慮したゴルフクラブの最適設計 Mar. 2009.
8 稲田 二郎 X-FEMによる応力腐食割れのき裂進展解析 Mar. 2009.
7 有木 俊博 海上物流システムの最適設計に関する研究 Mar. 2008.
6 市川 幸太 き裂進展を考慮した構造最適設計に関する研究 Mar. 2008.
5 V.A. de Souza イメージベース解析に基づく足の動作の評価 Mar. 2008.
4 岩田 隆道 重合メッシュ法を用いた非線形構造解析手法に関する研究 Mar. 2007.
3 高 明 人間のスイング特性を考慮したゴルフシャフトの最適設計 Mar. 2007.
2 中川 玲 残留応力を考慮したX-FEMき裂進展解析 Mar. 2007.
1 牧野 哲也 ボクセルベース衝突判定法を用いた物理シミュレーションに関する研究 Mar. 2007.


bachelor
No. 著者 題目 学位取得年月
9 根本 義規 構造用鋼の破壊現象究明のための実験とそれに基づく破壊靱性予測モデルの開発 Mar. 2015.
8 山本 悠貴 鋼の結晶組織と亀裂停止特性の関係解明のためのマルチスケール亀裂伝播モデルの開発 Mar. 2015.
7 塩坪 捷矢 自己組織化マップによるゴルフスイングデータの予測 Mar. 2015.
6 和田 雅之 CGのための非線形変形シミュレーションのリアルタイム化に関する研究 Mar. 2010.
5 呉 琛曦 リアルタイム変形シミュレーションについての研究 Mar. 2007.
4 橘田 尚明 競争原理を導入した海上輸送システム最適化 Mar. 2007.
3 礒部 信 ゴルフシャフト最適設計のためのスイングの3次元計測に関する研究 Mar. 2007.
2 伊藤 陽介 ケーブル運動のリアルタイムシミュレーション Mar. 2006.
1 有木 俊博 日中間物流の最適化に関する研究 Mar. 2006.

© 2013 Stractural Mechanics SUZUKI & SHIBANUMA Laboratory