東京大学大学院 システム創成学専攻 構造力学研究室
top members thesis events
東京大学大学院 システム創成学専攻 構造力学研究室


 当研究室では、理論力学・実験力学・計算力学手法を駆使して基盤構造物の安全性を評価する力学モデルの構築を目標として研究を実施しています。 実際の製品開発の現場とも密接に関与し、力学シミュレーション、最適設計の様々な分野への適用を行っています。
t1n

主な担当教員:鈴木克幸(詳細は鈴木克幸のホームページへ)

 力学シミュレーション、最適設計をベースとして、基盤構造物のライフサイク ルにわたる安全性の評価、ライフサイクルの価値の最大化を目指し、 人工物、人間、社会の連成する複合領域現象のシミュレーションおよび設計の最適化を行っています。
 人工物と人間の連成するシステムとして、スポーツにおける動作解析、そして個のモデリングによる用具や動作の最適設計、ミスをしにくいロバストな設計技術を研究しています。
 また、長期運用する構造物においては環境対応性、経年劣化に対する安全性が大きな問題となり、そのライフサイクルにおける経年変化を考慮した設計、メンテナンスを定量的な評価に基づき行うことが必要です。 人工物のライフサイクル における運用の効率化、安全性の向上のため、腐食やき裂などの発生を考慮に入れた新しい解析手法、モニタリング手法、メンテナンス手法を研究しています。
t1-1
t1-2 t1-2 t1-3
t1n

主な担当教員:柴沼一樹(詳細は柴沼研究室のホームページへ)

 持続可能な社会の創造に向けて、構造物の力学的な安全性の確保は最も基本的かつ重要な課題です。この解決に向けて必要となるのが、数学および力学の知識を基礎として「複雑な力学現象を適切なモデルで説明する」ことです。
 本研究室では、「材料・構造の破壊現象の究明」および「経年劣化の高精度予測手法とメンテナンス理論の確立」を目的として, 理論力学・実験力学・計算力学手法を駆使して基盤構造物の安全性を評価する革新的かつ実践的な力学モデルの構築を目標として研究を実施します。
t1-1
t1-2 t1-2 t1-3
© 2013 Stractural Mechanics SUZUKI & SHIBANUMA Laboratory